読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる



ウズラ 自動孵化器 最終まとめ。〜孵化方法から雛の飼育まで〜

雑記 雑記-うずら

 

無事に孵化器(中国製)を使用してうずらの卵を孵化させることができました。

せっかくなので孵化方法から雛の飼育までを備忘録としてまとめておきます。

 

 

結論

中華製 自動孵化装置でうずらを孵化させることはできる。

うずら、ちょー可愛いです。子どもの自由研究なんかにはもってこいじゃないかな?

 ↓ウチで孵化させたヒヨコ

f:id:YB125SP:20161119095806j:plain

はじめに

孵化装置の選定を行うため、比較項目をピックアップして一覧にしてみました。

選定ポイントは赤文字表記してあります。

f:id:YB125SP:20161119103418p:plain

                

 

私は、装置&ひよこを人に譲渡する予定だったので、下記が条件でした。

 

・値段¥10,000以下

・転卵機能が全自動 ←超重要(面倒くさいの嫌い)

・譲渡までの期間、孵化装置で育成できるスペースを有す

 

条件に適合するのが真ん中の装置でしたので、こちらを購入♪

 

  

装置能力

装置の能力を測定してみた結果が下記になります。

・予熱35分で装置内温度 / 湿度は一定化。

f:id:YB125SP:20170102160715p:plain

 

装置内の温度分布は、装置設定温度37.8℃に対して、下記結果になりました。

・ヒーターに近い中央付近37.5℃、

・ヒーターから遠いサイド付近37.2℃

 

マッピングするとこんな感じ。

 

f:id:YB125SP:20161026183543p:plain

実際に購入者がすべきこと

これを買ったあなたがすべき事はただ1つ!!!

湿度調整のみ!!!

100㏄の水が入る容器があれば、3日は水を追加しなくてOKです。

 

ちなみに私は、水表面の面積が、7cm × 5cm = 35㎠ となる100㏄容器を使いました。

※下記になります。(ガムボックスですが笑)

f:id:YB125SP:20161031225742j:plain

装置内にこんな感じでフタを開けっぱにしておけば、湿度68%前後になります。

f:id:YB125SP:20161119105203j:plain

これなんかサイズ的( 31 x 23 x 8.6 cm)に良いと思います。 

ちなみに、下記閾値から外れるとアラームがなります。コイツが結構ウルサイ。笑

一回電源落とせば、鳴りやみますが、また外れるとビービーなります。

↓ビービー鳴らない範囲

・温度:37.8~38.6℃

・湿度:40~80%

f:id:YB125SP:20161121193348j:plain

 

孵化してから

掃除が楽です。

キッチンペーパーの横幅が同じだったので、二枚を広げてセロハンテープで貼り付けておけば、ご覧の通り一面を覆えます。

 

あとヒヨコ用のエサが販売されていますが、普通の大人用のエサで事足りています。

※お値段:大人用<ヒヨコ用。

 なので大人用のほうがコスパが良いです。

 

この通り、大人のエサでも孵化1~2日後にはバカスカご飯を食べます。

(鳴き声カワイイ。笑)

www.youtube.com

ウチではこちらを与えております。

レビューの中に高級なエサをあげた後だと食べないというレビューがある。笑

なので、安く済ませたい方々は、先に下記をあげると良いかも。

(安物でも元気に成長しています。)

参考

①:孵化条件について

孵化条件を調べていたら、ウズラって結構人気なのか、まとめ記事がたくさん!

多くの人が育成していたので驚きました。

 

ただ、どの記事も孵化条件が文章の羅列で分かりづらい!

と思って自分で一覧表を作成しちゃいました。

 

※下図を印刷して、孵化装置に貼り付けて使用することを推奨します。

f:id:YB125SP:20161109222957p:plain

 

チェック欄に日ごとに「レ点」チェックや「その日付」を記入しておけば何日目か判別付きやすいでしょう。

 

②:検卵について

検卵の結果はおおよそ正しいです。私はiphoneのLEDライトで行いました。

 

孵化装置に入れて15日目の検卵結果です。

・全体にぼんやり光を通すものは孵化しませんでした。(割って中身確認済み)

・一か所のみ光を通す卵は大体孵化しました。

f:id:YB125SP:20161119111840p:plain

 

「○×?」は孵化装置に入れて22日目現在の状態を表しています。

〇・・・孵化した

×  ・・・孵化しなかった

? ・・・判定できない(怖くて割って確認できず、観察開始24日に破棄。汗)

 

以上、まとめ記事でした。

皆さんも子供の自由研究等でお試しあれ!

 

~2016/11/29追記~

上記の孵化器は在庫0になってしまったようです。

販売元の「骏达」に問い合わせしてみたところ、下記が最新モデルとのこと。

ご参考まで。  

 ~追記ここまで~

 

良かったらこちらもぜひ♪

うずら関連記事

↓おまけ(巣箱を掃除するため、ボウルに移動したところを撮影)

www.youtube.com

 

忘れぬうちに備忘録♪

広告を非表示にする